借金によって身に付いた節約術

今は完済しましたが、自動車を購入する際にローンを組みました。

最初は借金なんて何とかなると思っていましたが、実際にローンの返済が始まると毎日の生活に影響してきました。出来るだけ預金を崩さないと思いつつも崩れていきました。

ある時、このままではまずい事になると感じて今まで以上に節約をする事にしました。夏は扇風機、冬は電気ストーブにして冷暖房はエアコンを使用しないで電気代を、ファンヒーターを使用していた部屋は灯油代の節約をしました。

そして何といっても一番に節約できそうなのが食費だったので、心掛けてみました。値引商品の食料品を見つけて買い、食べきれそうにない食品は冷凍保存しています。冷凍食品も半額の日に買う為に、直ぐに一杯になってしまうのであまり貯め込まず順々に食べていくように気を配っています。

借金をして値引商品を毎日買うようになって、レジで精算するのが恥ずかしかったのですが、中には感じの良い店員さんも居て「これ美味しいんですよ。私も安くなると買うんです。」なんて声を掛けられてほっこりしてしまう事がたまにあり嫌な気持ちが薄れていきました。

結果5年ローンだったので節約生活も5年続いたわけですが、その時の経験は無駄ではなかったと今では思います。