一千万近い奨学金の返済について

法科大学院に通っていましたが、奨学金がなければ進学できないにもかかわらず、司法試験に合格するか否か不明であったため、1千万円近い奨学金を負ってしまいました。この返済に今でも苦慮しており、その後の生活は日々苦しいままです。このせいで、自分の希望する道もこの借金のためにあきらめなければならない状況です。

まずは親、そして親戚に頭を下げ、借金をしました。それで現在は返済している最中です。また、日々の生活も苦しいので、日雇いアルバイトや生活費を稼ぎながら職を探し続けています。また、就職先にはこの借金の状況はなるべく隠し、就職活動を有利に進めています。もちろん嘘はつけないので、借金の有無を聞かれたら素直にこたえるようにはしています。ただ、そうなると相手も身構えてしまうので、なるべく借金の話をしないように会話を誘導しています。

現在、日本の学生を取り巻く奨学金事情は苦しいものになっています。しかし、自分の夢を達成するためになんとなく借りるのではなく、明確な目的意識を持ちましょう。